書道=習字ではなく、もっと可能性のあるもの。
字に魂を込めて、作品にする楽しさ・難しさ。

  • 2015.12.18
田面遥華

書道の概念をくつがえすべく
書家としての活動をスタート。

書道の講師を仕事にする傍ら、書家としての活動にも精進しています。書道=敷居の高いものと思われがちですが、実は写真や絵、音楽同様にさまざまな表現ができる分野。その可能性を探るべく、アーティスト活動を初めて約8 年が経過しました。書道は一筆書きのシンプルなスタイル。そこに偶然性、今までの経験、そのときの感情性がうまくコラボレートし、ひとつの作品が完成します。たとえ同じ人が同じ文字を書いても、力加減によってタッチは変わりますし、コンディションの悪いときは墨の色に濁りが生じます。このように今の自分が敏感に出るのが書道。だからこそ、色数が少なくとも、さまざまな表情に仕上がるんです。また、墨を構成する原材料や寝かす時間によって、さまざまな色の表現が叶います。たとえば「夕焼け」を表現するときに「赤」という言葉を使うと直接的ですが、赤みがかった黒を使って表現すれば、見る人の想像力を掻き立てることができます。こちらの仕掛け次第で、相手の想像性をくすぐる…。これが書道のおもしろさです。

翡翠の影

作品「翡翠の影」

文字を読むのではなく
作品を感じとってほしい。

私は作品を見てもらうときに、解釈を相手と共有するスタンスでいます。それは、白黒の文字というシンプルな表現ゆえに、受け手によってさまざまな解釈で会話が生まれるからです。以前から、表現の幅を広げるために、書道作品だけでなく、アートにも触れるようにしています。たとえば私の作品にマッチしたのが、ギターの音。ギターを演奏するとき、強く弾いたり、弱く弾いたり、またはいくつかの音を同時に鳴らしたりしますよね。それをうまく生かすには、筆2、3 本をお箸のように持って、ひとつの文字を様々な線で書くことで表現しました。この方法と淡墨のにじみを生かした作品が「翡翠の影」ということば。翡翠のミドリ、川のキラキラ感、翡翠がうつる影を表現した作品です。川の流れは、ゆるやかだったりハードだったり、川幅が細かったり太かったりと、蛇行を繰り返しています。これを表現するために、筆3 本を使ってさまざまな線を描きました。ことばを考えるときは、春夏秋冬の情景がカギになります。日本人でよかったと思える瞬間です。

田面遥華2本の筆を使用

筆 2 本を使用して様々な線を表現

他アーティストとのコラボで
気づいた書道の新しい可能性。

つい先日、ダンスと音楽と書がコラボレートしたイベントを開催しました。そのとき私が挑戦したのは、ダンサーの方がまとう衣装に色・線を描くというもの。立ち止まっているときと踊っているとき、衣装がなびいたときと巻きついたとき…など、ダンサーの動きによって見え方が変わるのがこの作品の狙いでした。事前練習をするとイメージが固まってしまうため、私が筆を持ったのはリハーサルと本番の二回のみ。この緊張感も、作品をレベルアップする材料になりました。結果は見事成功! このように、ほかのアーティストの方とコラボレートすることで、書道の新たな可能性に巡り会えた気がします。これから挑戦したいのは映像。音楽で例えるならCD とライブのような関係性になりますが、CD が今までの作品だとしたら、そこにライブ=パフォーマンスを加えて、たくさんの方に発信できたらと考えています。

2本の筆を使用コスモスが揺れている

作品「秋櫻が揺れている」

田面遥華

 

 
田面遥華

たづら ようか
田面 遥華

  • 伝統的な書に新しい感性を吹き込み、書道の枠を越えた表現を行う。書道の教員としてのほか、ワークショップでは書家としても活動。毎日書道会会員・浪速書道会理事、個人活動では「輪音プロジェクト」の理事を務める。テレビ番組にも出演するなど、活動の幅も広がるばかり。
2000年
書道教室を開設
2005年
アーティスト活動をスタート
2007年
ワオンプロジェクトのメンバーと出会う
2011年
筆2.3 本を巧みに操り、さまざまな線をミックスした作品を得意とする
WebSite
http://youka-sho.com/
facebook

取材・文/櫻井 千佳、写真/山下 拓也



post image

通天閣の魅力は高さじゃなく、面白さ。
エンターテイメント性で天を突けたら…。

生活の中にあった通天閣。思い出は日立のモートル!

ダレソレ
post image

紙の音を聴きながら。

紙のたのしさをつたえる

ナニアレ
post image

はじまりは、そのひとふで

筆を選ぶは人生を選ぶ

ナニアレ
post image

日々お茶について探求し、たどり着いたのは
“お茶のあるライフスタイル”だった。

ブレンドによる奥行きのある味わいが、つぼ市らしさです。

ダレソレ
post image

個人の風呂場から大きなスケールへ。広がる、アートプロジェクト。

自宅の風呂から富士山が眺められる。そんな壮大なスケールをカタチに。

ダレソレ
post image

仏像ブームをご存知ですか?

仏像とお茶ができるカフェ?

ナニアレ
post image

書道=習字ではなく、もっと可能性のあるもの。
字に魂を込めて、作品にする楽しさ・難しさ。

書道の概念をくつがえすべく書家としての活動をスタート。

ダレソレ
post image

15色の世界

フェルトたちの話し声に耳を傾けたら…

ナニアレ
post image

シンプルだけど、奥深くて、難しい。
それが、ライブパフォーマンス。

アートをもっと身近に。そんな思いでライブパフォーマンスをスタート。

ダレソレ
post image

印刷するのは“可能性” ― 無限空間でうまれるもの

あるべき姿をとっぱらってみちゃった印刷屋さん

ナニアレ
post image

新しいことをしたい。人をビックリさせたい。
それが、私の仕事・アーティスト活動のすべて。

斬新な切り口であれば単純なこともおもしろい!

ダレソレ
post image

思いつきで始めたウエディグフォトの旅。
人の心を感動させている事実に驚き!

たまたま観たテレビ番組が二人の人生の分かれ道に。

ダレソレ
post image

ちょんまげ姿で日本を行脚。
笑顔を届けることがミッション!

日本各地に笑顔を与えながら目指すは実家のある長崎県。

ダレソレ
post image

大阪から世界へ。
アクティビティで日本の魅力を伝えるプロジェクトが話題。

大阪を元気にするには、チャンバラ! この思いつきがイベントの始まり。

ダレソレ
post image

「商売繁盛で、笹持ってこい」

えべっさん

ココドコ
post image

親愛なるスコッチへ

スコティッシュデイin京都

ナニアレ