小さなたい焼き 沢山いかが?

  • 2016.04.21
パティタイ ショーケース

ショーケースに並ぶ“可憐なたい焼き”

アメリカ村に、風に乗った甘い香りで道行く人々を一気にスイーツの気持ちに変えてしまう魔法のお店がある。そのお店はたい焼きを手のひらサイズに小さく変えてしまう魔法も使えるようだ。三角公園周辺に沢山あるお店の中でも、一際目立ったオレンジ色と大きな大きなたい焼きのディスプレイが目を引くPatit tai。店内は縦長でこじんまりしていますが、入り口から正面1番奥にショーケースが見えて、入りやすくなっている。入り口にある大きなパティシエ帽を被ったたい焼き氏とすれ違うと、ケーキ屋さんのようなショーケースにコロコロと手のひらサイズの小さなたい焼きたちが待っている。ベビーカステラと同じくらいのサイズだと言うと伝わりやすいだろうか。よ~く見ると小さいのにしっかりとたい焼きの表情やウロコまでも描かれていて、正直言ってすっごく可愛らしい。この可愛さは、いつも無表情なポーカーフェイスさんも思わずニンマリしてしまいそうになるかも。

店内カウンター

店内風景

 

パイ生地の小さなたい焼き

女の子なら誰しもが小さい頃に憧れたような、甘い雰囲気の店内。そこで味わうのは、スイートさが増した可愛らしい小柄なたい焼きたち。
Patit taiのたい焼きは1つ1つが小さいのでパクパクと食べることができ、更に生地はパイ生地を使っているのでパクパクだけじゃなくサクサクと香ばしく味わうことができる。小さい分、中の甘いあんやクリームとすぐに出会うことができて、なんだかとっても満足度が高い。
普通のサイズのたい焼き1つをじっくりと味わうよりも、いくつもの味を少しずつ楽しめることができるのが最大の魅力だろう。途中で味に飽きて食べ残しが出ない分、それも小ささ故のメリットでしょうか。

たい焼きショーケース

上:表面がつやつやしてるお馴染みサイズのたい焼き
下:ショーケース

アメリカ村を泳ぐたい焼きたち

Patit taiの定番メニューは、あん・チョコ・カスタード・ガトーキャラメル・スイートポテトの5種類で、期間限定で毎月1種類違う味を出している。ショーケースのメインアクトはもちろん小さいたい焼きだが、普通のサイズのたい焼きも売っていて、もちろんパイ生地で作られている。普通のサイズのたい焼きには表面に甘いツヤツヤがあり、そちらも買いたくなってしまいそうになる。Patit taiの名前の由来はパティシエ タイヤキから来ているそうで、洋菓子のようなパイ生地と、和菓子であるたい焼きを上手く融合してある所からも理解できる。アメリカ村店限定で色んなフレーバーのソーダも販売しています。是非食べ歩きしてみてはいかがでしょうか。

焼きたてのたい焼き手作りの様子

上:焼きたての小さいたい焼き
下:店内奥で全て手作りしている

Patit tai外観

テーマカラーのオレンジが目を引く外観

 
Patit tai

ぱてぃ たい
Patit tai

小さなたい焼き5つ 270円、大きなたい焼き1つ 270円~、ミックスパック 1200円、ソーダ各種 330円、コーヒー 270円~

住所
大阪府大阪市中央区西心斎橋1-8-21
 
地図で見るソコマデ
営業時間
11 : 00 ~ 22 : 00 (2016年4月現在)
定休日
無休
TEL
06-6484-5780
WebSite
http://patit-tai.com/
クレジットカード可 テイクアウト 席数1〜10 カウンター有 禁煙 wi-fi

取材・文・写真/川端 彩華、文/後藤 真悠子



post image

紙の音を聴きながら。

紙のたのしさをつたえる

ナニアレ
post image

はじまりは、そのひとふで

筆を選ぶは人生を選ぶ

ナニアレ
post image

羽休めは、ナッツ小屋で焼き菓子を

香ばしい止まり木

ゴチソウ
post image

もなかの時間、かさねましょ

今日もほおばる、みんなのおやつ

ゴチソウ
post image

はちきれんばかりのサンドイッチ

口いっぱいにほおばる、手間隙かけた直球型サンドイッチ

ゴチソウ
post image

人から人へつながれる、お茶のうまみとよろこびと

茶葉ひとつひとつの顔がみえるようなお茶

ゴチソウ
post image

日々お茶について探求し、たどり着いたのは
“お茶のあるライフスタイル”だった。

ブレンドによる奥行きのある味わいが、つぼ市らしさです。

ダレソレ
post image

思い出の果物屋さん

時と想いがたっぷり詰まった栄養満点のフルーツワールド

ゴチソウ
post image

裏路地にぽっかりと開いた、英国への玄関口

紅茶の香りに導かれ…

ゴチソウ
post image

三休橋筋で大阪の歴史を通り抜け

船場の背骨

ココドコ
post image

ひと粒ひと粒が愛おしい、ボタンという主役たち

スポットライトを照らされて

ナニアレ
post image

ノート、綴じにいこか?

自分色ノートが作れる紙雑貨屋さん

ナニアレ
post image

小さなたい焼き 沢山いかが?

ショーケースに並ぶ“可憐なたい焼き”

ゴチソウ
post image

仏像ブームをご存知ですか?

仏像とお茶ができるカフェ?

ナニアレ
post image

貴方の時間を召し上がれ

書斎にすっぽり包まれて

ゴチソウ
post image

秘密の階段をのぼると…ふわっと広がる隠し小部屋。

知らないとたどり着けない、ひだまりの特等席

ナニアレ
post image

関西の工場(こうば)とクリエイターが紡ぐもの

いまできることをつなげて広げて

ナニアレ
post image

本気の人情ブオンジョールノ!!下町のジェラート屋さん

暑くなったら食べたくなる。なんなら年がら年中食べたくなる。

ゴチソウ
post image

コーヒーをもっと深く知ることができるチャンス

美容院から生まれたコーヒースタンド

ゴチソウ
post image

淀屋の淀屋橋

大阪は淀屋から始まった

ココドコ