ノート、綴じにいこか?

  • 2016.05.17
覗き窓からの店内

自分色ノートが作れる紙雑貨屋さん

昨今、カスタマイズは定番になりつつある。パーツを組み合わせて、何通りものなかから“あなただけのもの”を作れますという商品をよく見るようになった。けれど、「あともうちょっとこうならば…」と歯がゆい思いをしたことはないだろうか?
空堀商店街にある紙匠雑貨エモジでは、そんなかゆいところに手が届くようなオリジナルノートを作れる。表紙と中紙を選んで、穴を開けて、リングで綴じ、留め具をつける。表紙は紙や皮、布、植物を加工したものまであり、中紙も色んな材質・色、デザインも定番の罫線から絵日記まで多岐にわたる。そして嬉しいのは、各パーツとも初めはリング用の穴が開いていない状態なので、用途に合わせて綴じる方向を選べるということ。また、穴を開けずにノートとは違う用途で各パーツ個別に使うことも出来るのだ。
例えば、しっかりした固さの表紙は色紙代わりに使ったり、中紙は手紙をしたためるために用いたりと、まるで「使い方はご自由に」と書いてあるようだ。(もちろんそんなこと書いてるわけはないが。)

ノートの表紙

第一印象が何事も大事。表紙選びはついつい時間がかかる。

 

紙って、楽しい

定番のB6サイズノートの他にも素材を選んでパチンと挟むだけのノートバイキングや、8cm四方の紙を選んで穴を開け綴じる8X8メモノートはイベントや提携店でふらっと気軽に作れるので、実は彼らも人気モノ。
紙と穴あけ機はセットで貸し出しを行っていて、個人利用も可。これがあれば、友達を呼んで手作りノートの会を開催したり、操作が簡単なので子供と一緒に遊びながら作ったり出来る。こんなホームパーティ、ついつい自慢しちゃいそう。
紙業界出身の店主が、大好きな紙にもっと触れてもらおうと始めたこのお店。「紙は生き物」と断言する店主のお話を聞けば、もっともっと紙について知りたくなる。そうそう、小窓からはノート作り風景を覗くことも出来るので、童心に帰ってガラスにはり付き見学をしてもいいかもしれない。

自然素材のノート紙素材が並ぶ棚

上:植物の自然な文様を生かしたオリジナル素材のノート。右端がErba。
下:ずらっと並んだ素材たち。実は完成品もあります。優柔不断な人に朗報?

ノートを綴じることとは想いを綴じること

また、オリジナル表紙にも力を入れていて、例えばErba(エルバ)という木の皮のような優しい手触りの表紙は、なんとフィリピンの大洪水の原因になったヒヤシンス。未曾有の大災害をもたらした災いのもとが、今度は人間の大事なアイディアを守るために生まれ変わったとは、なんだかロマンチックだ。
そんな好奇心の高まるこのお店は、いろんなアイディア大歓迎。持ち込みでも穴を開けられる状態のものなら何でも綴じてくれるので、これはと驚かれるものを綴じにいってみてはどうだろう?
くらしの今昔館にジオラマがあるほど歴史の古い四軒長屋。その一角に、使い古した紙のように溶け込んでいる紙の店が綴じてきた想いは、一体何万通りなのだろうか。

ノートノート使用例

使い勝手がいいのに個性が光る中紙たちをどう活躍させるかはあなた次第。
赤ちゃんの成長記録ノートを自分用に使う大人もいるとか。

ノート穴あけ機紙雑貨

上:この機械で穴あけ・綴じをする。覗き窓からもちょうど見える位置。
下:紙のお香などユニークな紙雑貨も揃っている。

 
madeinwest

ししょうざっか えもじ
紙匠雑貨 エモジ

B6サイズオリジナルノート約1000円〜、持ち込み料金(穴あけ・綴じ賃)300円〜

住所
大阪府大阪市中央区谷町6-4-24
 
地図で見るソコマデ
 
ノートバイキング常設店
ギフショナリー・デルタ 堂島アバンザ店
営業時間
12:00 ~ 19:00
定休日
月曜日・火曜日
TEL
06-4392-7972
WebSite
http://kami-emoji.com/index.html
facebook twitter
クレジットカード不可

取材・文・写真/後藤 真悠子



post image

紙の音を聴きながら。

紙のたのしさをつたえる

ナニアレ
post image

はじまりは、そのひとふで

筆を選ぶは人生を選ぶ

ナニアレ
post image

羽休めは、ナッツ小屋で焼き菓子を

香ばしい止まり木

ゴチソウ
post image

もなかの時間、かさねましょ

今日もほおばる、みんなのおやつ

ゴチソウ
post image

はちきれんばかりのサンドイッチ

口いっぱいにほおばる、手間隙かけた直球型サンドイッチ

ゴチソウ
post image

思い出の果物屋さん

時と想いがたっぷり詰まった栄養満点のフルーツワールド

ゴチソウ
post image

裏路地にぽっかりと開いた、英国への玄関口

紅茶の香りに導かれ…

ゴチソウ
post image

三休橋筋で大阪の歴史を通り抜け

船場の背骨

ココドコ
post image

ひと粒ひと粒が愛おしい、ボタンという主役たち

スポットライトを照らされて

ナニアレ
post image

ノート、綴じにいこか?

自分色ノートが作れる紙雑貨屋さん

ナニアレ
post image

小さなたい焼き 沢山いかが?

ショーケースに並ぶ“可憐なたい焼き”

ゴチソウ
post image

仏像ブームをご存知ですか?

仏像とお茶ができるカフェ?

ナニアレ
post image

貴方の時間を召し上がれ

書斎にすっぽり包まれて

ゴチソウ
post image

ここはイタリアですか?…いいえ、大阪です。

イタリア生まれの相棒が見つかる雑貨屋

ナニアレ
post image

15色の世界

フェルトたちの話し声に耳を傾けたら…

ナニアレ
post image

関西の工場(こうば)とクリエイターが紡ぐもの

いまできることをつなげて広げて

ナニアレ
post image

本気の人情ブオンジョールノ!!下町のジェラート屋さん

暑くなったら食べたくなる。なんなら年がら年中食べたくなる。

ゴチソウ
post image

本当はけっこうええもん、あるねんで。

日本のグッドデザインは、ミッドセンチュリーにあり。

ナニアレ
post image

ありがとうって、照れくさいけどね

この気持ち、伝えようかな

ナニアレ
post image

コーヒーをもっと深く知ることができるチャンス

美容院から生まれたコーヒースタンド

ゴチソウ