ひと粒ひと粒が愛おしい、ボタンという主役たち

  • 2016.06.06
幅広く揃うボタン

スポットライトを照らされて

毎日のようにお世話になっているのに労われる事もなく、だのに文句も言わず、居なくなってからやっとその大切さに気付く、そんな存在。なんて健気なのだろう、ボタンって。むしろアクセサリーに作り変え、主役にしてあげたい。— カラフル、レトロ、ウッディー、エレガント、シック、変わり種…いろんな顔を見比べていたら、ふと愛おしくなってきた。
ここは谷六の裏路地にあるボタン専門店。国内外から選んできた、もしくは人づてで自然と集まってきたボタンたちはそれぞれ世界観があるにも関わらず、ケンカせず仲良くずらっと並んでいる。店主がまるで舞台演出家さながらに「この子は一点主張型、こっちは複数でいけるタイプ」と振り分けながら仕入れた彼らは、お行儀よくこちらに顔を向けて次のステージに抜擢されるのを待ち望んでいる。定番からユーモアたっぷりなものまで幅広く揃う役者達のなかにはソロでもグループでも大活躍する“完璧なボタン”が稀に存在するらしい。そんなボタンに出会えたら、それは運命なのかもしれない。

店内のボタン

この中からどれだけの役者に出会うのか、ワクワクすること請け合い。

 

ボタンであること

時代により装飾品やステータスシンボルでもあったボタンは、現代でもさまざまな趣向を凝らしたものが目白押しだ。しかし「ボタンは機能が第一。デザインだけではボタンとは言えない。」がボタン目利きの意見。確かに、いくらおしゃれでもボタンとしての役割を全うできなければ、結局ただのお飾りに過ぎない。この数ミリの中には絶妙なバランスが存在しているようだ。
物腰柔らかながら情熱を秘めた店主は、それぞれ出会ったときのこと覚えているほどボタンへの愛情が深い。どれも個性的でありながら、素直さが垣間見えるのはそんな彼女のセレクトだからだろう。

アンティーク黒ガラスのボタン木ボタン

上:アンティークの黒ガラス。チェコ製とアメリカへの輸出用に作られた日本製。
下:アメリカの森から届いた手作り木ボタンも、人づてに集まったもののひとつ。

魔法のスイッチ

そもそもボタンというものは、意外にも一回作りきりのものが多く、「前あったのに今は無いの?」と聞かれることもあるそう。つまり、一期一会なところもまたボタンの醍醐味。
シャツなどは全てのボタンが揃っているのが前提で、1つでも欠けたら服そのものが使えなくなる。いつもの服も、少し豪華なボタンに変えるとたちまちよそ行きに。そんな魔法のスイッチのような存在が、ボタン。あくまで服ありきだけど、絶対的に必要なボタン。そんな確かな働きをしてくれる彼らのことを、ここでは“脇役”ではなくスポットライトを浴びた“主役”と呼びたくなる。

アンティークボタン店内

上:美術品のように美しいアンティークボタンも。
下:各種パーツも揃い、選んだ品を広げて吟味できる机もあるので創作意欲が湧く。

小エビ入りボタン

なんとこちらは小エビ入り!
作家ものの高品質かつエキセントリックなボタンにもお目にかかれる。

 
ボタンの専門店スース

ぼたんのせんもんてん すーす
ボタンの専門店 SUUSU

オンラインショップのみ
住所
実店舗は閉店致しました。
TEL
06-7181-7537
WebSite
http://suusu.com
facebook
クレジットカード可

取材・文・写真/後藤 真悠子



post image

レコード曲げ屋

あふれるモノの中で生み出された、新しいジャンル。

ナニアレ
post image

一生愛せるうつわをみつける

若手作家をうけとめた場所

ナニアレ
post image

紙の音を聴きながら。

紙のたのしさをつたえる

ナニアレ
post image

はじまりは、そのひとふで

筆を選ぶは人生を選ぶ

ナニアレ
post image

羽休めは、ナッツ小屋で焼き菓子を

香ばしい止まり木

ゴチソウ
post image

もなかの時間、かさねましょ

今日もほおばる、みんなのおやつ

ゴチソウ
post image

はちきれんばかりのサンドイッチ

口いっぱいにほおばる、手間隙かけた直球型サンドイッチ

ゴチソウ
post image

思い出の果物屋さん

時と想いがたっぷり詰まった栄養満点のフルーツワールド

ゴチソウ
post image

裏路地にぽっかりと開いた、英国への玄関口

紅茶の香りに導かれ…

ゴチソウ
post image

三休橋筋で大阪の歴史を通り抜け

船場の背骨

ココドコ
post image

ひと粒ひと粒が愛おしい、ボタンという主役たち

スポットライトを照らされて

ナニアレ
post image

ノート、綴じにいこか?

自分色ノートが作れる紙雑貨屋さん

ナニアレ
post image

小さなたい焼き 沢山いかが?

ショーケースに並ぶ“可憐なたい焼き”

ゴチソウ
post image

仏像ブームをご存知ですか?

仏像とお茶ができるカフェ?

ナニアレ
post image

貴方の時間を召し上がれ

書斎にすっぽり包まれて

ゴチソウ
post image

ここはイタリアですか?…いいえ、大阪です。

イタリア生まれの相棒が見つかる雑貨屋

ナニアレ
post image

15色の世界

フェルトたちの話し声に耳を傾けたら…

ナニアレ
post image

関西の工場(こうば)とクリエイターが紡ぐもの

いまできることをつなげて広げて

ナニアレ
post image

本気の人情ブオンジョールノ!!下町のジェラート屋さん

暑くなったら食べたくなる。なんなら年がら年中食べたくなる。

ゴチソウ
post image

コーヒーをもっと深く知ることができるチャンス

美容院から生まれたコーヒースタンド

ゴチソウ