裏路地にぽっかりと開いた、英国への玄関口

  • 2016.07.13
トリントンティールーム店内

紅茶の香りに導かれ…

幹線道路に挟まれながらも、昔ながらの風情ある街並みが残る谷町六丁目。下校時間になると子供の声が響きたる住宅街を歩いていると、とある裏路地に出会った。自分の目を一瞬疑った。“ロンドンだ。” − 吸い込まれるように、落ち着き払ったファサードをくぐると、そこには非日常的な時間の香りが漂っていた。
ここはトリントンティールーム・紅茶とイギリス料理の店。“トリントン”という名はロンドンに紅茶を運んだティークリッパー船からもらった。大航海時代、どの船が中国から1番早く紅茶葉を輸送できるかがこぞって競われ、英国中を沸かせた。そのロマンある木造船のデッキを模した店内で頂く紅茶は、ふわっといい香りが鼻に抜け、時間が経ってもその味と香りが褪せることなく、ずっと楽しめる。特筆すべきは、大きな差し湯ポットも共にサーブされるということ。他ではあまり見ることのないこのポット、紅茶というと作法などもあるだろうから、この湯はどうするべきなのかと少々戸惑ったが、ここは素直にプロに聞いてみることにした。

テイラーズオブハロゲイトのブレンドティートリントンのクリームティー

上:紅茶を注ぐという行為も、ティータイムの楽しみのひとつ
下:見た目がそっくりなクランペット(右前)とウェルシュケーキ(左前)

わたしの紅茶

返ってきた店主の答えは“お好きなように”という言葉と、笑顔。カップに注いでお好みの濃さにするも良し、ポットに注いで二煎目を頂くも良し。ルールなんかより目の前のこの紅茶を楽しむ、それが大事なのかもしれない。myポットを幼い頃から持っていた店主が淹れてくれる紅茶の味と時間、自分なりの楽しみ方を見つけたい。
さて、ここのゴチソウは“クランペット”なるもの。英国ではお馴染みの味で、こちらもまた100年以上愛されている、べっこうあめのような味でとろっとしたゴールデンシロップと頂くのが定番。もちもちしていて、小ぶりながら食べ応えがある。今回は欲張りに片割れをウェルシュケーキに変更した。こちらはほろほろとした食感。どちらも小麦粉メインながら、全く性格の違う二つ。英国の味は思いのほか奥深いのかもしれない。

惣菜とクランペットのセット

ウェルシュラビット風チーズソースのクランペット

 

味覚の羅針盤が指す先は…

この店ではクランペットをバリエーション豊かに楽しめる。その中からウェルシュラビットというものをオーダーした。チェダーチーズ、ウスターソース、マスタードからなるソースは本来、トーストにかけるものらしい。チーズ&ウスターとは、一見何ともヘビーだが意外とパクッと食べれ、紅茶との相性も考えられたバランスの良いお味。イギリスはブレンド文化。紅茶もウスターソースもカレーパウダーもその賜物で、世界中からいいモノを寄り集めてきたということらしい。この店も英国の伝統と、自分達の持ち味を程良くブレンドしている。
しかしポーションは英国らしく、どれもたっぷり。お腹一杯で満足して欲しいという、店主たちの心遣いだ。
目で、舌で、胃袋でイギリスを堪能した昼下がり。つかの間のひとときで、かの国へのハッチが開かれた。

トリントンティールーム外観テーブルウェア

上:こんなところにロンドンが
下:こちらで使用しているバーレイ社のティーウェアなどはお買い物も出来る

世界地図トリントンティールーム店内

上:『紅茶は世界を蘇らせる』第二次世界大戦中に発行されたなんとも英国らしい地図
下:デッキに乗り込んだら、さあ出発

 
トリントンティールーム

トリントンティールーム
Torrington tea room

紅茶 520円〜、トリントンのクリームティー (クランペットORウェルシュケーキ+紅茶) 910円、惣菜とクランペットのセット 1220円〜

住所
大阪市中央区上本町西2-5-56
 
地図で見るソコマデ
営業時間
月〜金/11:30〜20:00(フードL.O. 19:00)
土・日・祝/10:30〜19:00(フードL.O. 18:00)
定休日
年中無休(年末年始を除く)
TEL
06-6191-9870
WebSite
http://www.torrington-tearoom.com
facebook
クレジットカード不可 席数10〜20 カウンター無 禁煙

取材・文・写真/後藤 真悠子



post image

思い出交差点、一杯のコーヒー

喫するのは、場所の持つ記憶に包まれた優しい時間

ゴチソウ
post image

一生愛せるうつわをみつける

若手作家をうけとめた場所

ナニアレ
post image

目標はロンドンのハイドパーク。
グリーンの可能性を発信したい。

ガーデンデザインは造園ではない。空間と時間のデザインだと思う。

ダレソレ
post image

紙の音を聴きながら。

紙のたのしさをつたえる

ナニアレ
post image

はじまりは、そのひとふで

筆を選ぶは人生を選ぶ

ナニアレ
post image

羽休めは、ナッツ小屋で焼き菓子を

香ばしい止まり木

ゴチソウ
post image

もなかの時間、かさねましょ

今日もほおばる、みんなのおやつ

ゴチソウ
post image

はちきれんばかりのサンドイッチ

口いっぱいにほおばる、手間隙かけた直球型サンドイッチ

ゴチソウ
post image

人から人へつながれる、お茶のうまみとよろこびと

茶葉ひとつひとつの顔がみえるようなお茶

ゴチソウ
post image

日々お茶について探求し、たどり着いたのは
“お茶のあるライフスタイル”だった。

ブレンドによる奥行きのある味わいが、つぼ市らしさです。

ダレソレ
post image

思い出の果物屋さん

時と想いがたっぷり詰まった栄養満点のフルーツワールド

ゴチソウ
post image

裏路地にぽっかりと開いた、英国への玄関口

紅茶の香りに導かれ…

ゴチソウ
post image

三休橋筋で大阪の歴史を通り抜け

船場の背骨

ココドコ
post image

ひと粒ひと粒が愛おしい、ボタンという主役たち

スポットライトを照らされて

ナニアレ
post image

ノート、綴じにいこか?

自分色ノートが作れる紙雑貨屋さん

ナニアレ
post image

小さなたい焼き 沢山いかが?

ショーケースに並ぶ“可憐なたい焼き”

ゴチソウ
post image

仏像ブームをご存知ですか?

仏像とお茶ができるカフェ?

ナニアレ
post image

貴方の時間を召し上がれ

書斎にすっぽり包まれて

ゴチソウ
post image

秘密の階段をのぼると…ふわっと広がる隠し小部屋。

知らないとたどり着けない、ひだまりの特等席

ナニアレ
post image

関西の工場(こうば)とクリエイターが紡ぐもの

いまできることをつなげて広げて

ナニアレ