思い出の果物屋さん

  • 2016.07.22
フルーツガーデン山口果物店先

時と想いがたっぷり詰まった栄養満点のフルーツワールド

みなさんは、週にどれくらいの果物を口にしているだろうか?バナナや林檎などは身近だが、一度にいろんな種類を楽しむことは難しいのでは?ましてやカラフルなフルーツポンチなんてものは夢のまた夢。それはいつになっても色褪せることのない、キラキラまばゆい存在。そんな、ちょっと特別な気分にさせてくれるフルーツ達をありとあらゆる方向から提供してくれるフルーツパーラーが谷六にある。
100年以上続く果物屋の息子が始めたこのお店のフルーツポンチゼリーは開店当初からの人気者。実はこの商品にはちょっとした逸話がある。まだ店長が小学生の時、お手伝いにきた同級生が「フルーツポンチはないの?」と問いかけてきた。それをずっと心に留めていて実現させたのがこのフルーツポンチゼリーなのだが、きっかけをくれた彼とはなんと現在、共に店の運営をする仲。幼少期を共にした二人だからこそ、子供心を忘れないおいしいものの開発に日夜明け暮れることが出来たのかもしれない。
果汁が体内を巡っていると言っても過言ではない、DNAレベルで果物好きな店主とアイディアマンの幼馴染、そしてこれまた果物大好きなスタッフ達の店には、ジューシーな果実に負けず劣らずな果物への惜しみない愛がじゅわっと溢れんばかりである。

フルーツポンチゼリー

ぷるんぷるんのフルーツポンチゼリー

 

果物屋のひとたち

スタッフは仕事の一環として勉強会を開いたり、自主的に豆知識ならぬ果物知識のPOPを作り始めたり、お客さんを交えて林檎食べ比べ会を企画したりと果物の魅力の伝道に余念がない。「ワガママにも応えよう」の方針のもと、真冬にスイカを届けたこともあるし、とにかく果物のことは何でもお任せあれ。これだけ果物の個性を感じさせてくれるお店なのだから、ぜひ彼らの“個人的な”おススメを聞いて買い物をしてみたいと思う。
そんな果物を知り尽くした店がイートインで提供するのは季節ごとに変わるかき氷や具材とフレッシュソースにするフルーツをそれぞれ選べるフレンチトースト、果実をまるごと使ったフルーツティーなどで何回足を運べばいいのか分からないほど、色とりどり。テーブルを囲む笑顔が途絶えないのも納得だ。

山口果物ショーケース山口果物フルーツかご

上:カットフルーツも豊富。気軽にいろんな果物を摂れるので嬉しい限り。
下:絵に描いたようなフルーツかごと、フムフムな豆知識。

果実の旬

「季節で美味しい果物は違うから」と始めたかき氷は冬でも食べられることが当初珍しかった。冬季限定メニューで最注目なのは石焼芋かき氷。これがまた、氷とお芋さんが相思相愛で絶品なのだ。
この夏にはココナッツの実をまるごと使ったかき氷が登場。ココナッツミルクがたっぷりかかった氷にローストココナッツの絶妙なアクセントが加わり、クリーミーな甘さも濃厚な香ばしさも全て味わえ、一気にココ夏気分!波打ち際のウクレレの音が聞こえてきそうだ。「基本は遊び心から」開発されるメニューたち。今後もどんな実験結果がお披露目されるのかワクワクする。
ビタミン不足な人もそうでもない人も、フルーツワールドへようおこし。また1つ、カラフルで色褪せない思い出を。

メニューかき氷

上:カットフルーツとフレッシュなフルーツソースを選んで召し上がれ。
下:刃の角度からこだわったふわっふわの氷がやしの実にダイブ!

ココナッツかき氷

こんな南国の果実が運ばれてきたら、誰しも歓声をあげるのでは?

 
フルーツガーデン山口果物

フルーツガーデン やまぐちくだもの
FRUIT GARDEN 山口果物

ココナッツカキ氷 950円 フルーツフレンチトースト 800円〜 フルーツポンチゼリー 340円 フルーツサンド 540円〜

住所
大阪市中央区上本町西2-1-9 宏栄ビル1F
 
地図で見るソコマデ
営業時間
10:00〜20:00(L.O. 19:30)
定休日
不定休
TEL
06-6191-6450
WebSite
http://www.fruit-garden.net/
facebook twitter
クレジットカード可 テイクアウト 席数10〜20 カウンター有 禁煙 ベビー可 ベビーカー可

取材・文・写真(一部山口果物提供)/後藤 真悠子



post image

思い出交差点、一杯のコーヒー

喫するのは、場所の持つ記憶に包まれた優しい時間

ゴチソウ
post image

一生愛せるうつわをみつける

若手作家をうけとめた場所

ナニアレ
post image

紙の音を聴きながら。

紙のたのしさをつたえる

ナニアレ
post image

はじまりは、そのひとふで

筆を選ぶは人生を選ぶ

ナニアレ
post image

羽休めは、ナッツ小屋で焼き菓子を

香ばしい止まり木

ゴチソウ
post image

もなかの時間、かさねましょ

今日もほおばる、みんなのおやつ

ゴチソウ
post image

はちきれんばかりのサンドイッチ

口いっぱいにほおばる、手間隙かけた直球型サンドイッチ

ゴチソウ
post image

人から人へつながれる、お茶のうまみとよろこびと

茶葉ひとつひとつの顔がみえるようなお茶

ゴチソウ
post image

日々お茶について探求し、たどり着いたのは
“お茶のあるライフスタイル”だった。

ブレンドによる奥行きのある味わいが、つぼ市らしさです。

ダレソレ
post image

思い出の果物屋さん

時と想いがたっぷり詰まった栄養満点のフルーツワールド

ゴチソウ
post image

裏路地にぽっかりと開いた、英国への玄関口

紅茶の香りに導かれ…

ゴチソウ
post image

三休橋筋で大阪の歴史を通り抜け

船場の背骨

ココドコ
post image

ひと粒ひと粒が愛おしい、ボタンという主役たち

スポットライトを照らされて

ナニアレ
post image

ノート、綴じにいこか?

自分色ノートが作れる紙雑貨屋さん

ナニアレ
post image

小さなたい焼き 沢山いかが?

ショーケースに並ぶ“可憐なたい焼き”

ゴチソウ
post image

仏像ブームをご存知ですか?

仏像とお茶ができるカフェ?

ナニアレ
post image

貴方の時間を召し上がれ

書斎にすっぽり包まれて

ゴチソウ
post image

15色の世界

フェルトたちの話し声に耳を傾けたら…

ナニアレ
post image

秘密の階段をのぼると…ふわっと広がる隠し小部屋。

知らないとたどり着けない、ひだまりの特等席

ナニアレ
post image

関西の工場(こうば)とクリエイターが紡ぐもの

いまできることをつなげて広げて

ナニアレ