はちきれんばかりのサンドイッチ

  • 2016.08.22
BOXサンド

口いっぱいにほおばる、手間隙かけた直球型サンドイッチ

「晴れた日にはサンドイッチで公園ピクニック」なんてのが永遠の理想的な休日の過ごし方だと思っている筆者だが、手軽に野菜やたんぱく質が取れて、手が汚れずコンビニでさくっと買ってPC作業ながら食いにももってこいのサンドイッチには忙しいビジネスマンも日ごろからお世話になっているはず。けどちょっと待って、そのサンドイッチは満たされていますか?
松屋町の坂の途中にあるサンドイッチ専門店、Luecaのボリュームたっぷりのサンドイッチを食べてからは、大好きなサンドイッチの価値観が変わってしまった。
「なんだかサンドイッチが食べたいな」の気分にしっかり応えてくれるような、直球ベーシックな品揃えが嬉しいサンドイッチはどれも袋を破らんばかりの具の詰まり具合!これだけ中身で満たされていたら袋も袋冥利に尽きるといったところか。しかもお値段を見ると、いつものとさほど変わらない、むしろ内容を考えるとこっちのほうが安いくらいのリーズナブルさ!いいんですかこんなんでと思わずショーケース越しにつぶやきそうになった。

たまごサンド

そのボリュームといったら、ずっしり重たいお腹をなんとか支えている
ような佇まい。たまごサンド好きを必ずや納得させる一品。

素直な味の秘訣

形体を保てるギリギリのラインまで具材が詰まっているこちらのサンドイッチ。マヨネーズと粗めに刻まれたたまごのバランスが病み付きになるたまごサンドはなんと一組につき卵を2個使用しており、女性ならこれだけでお腹が満たされるくらい。
パンはほわっと柔らかく絶妙にしっとりしており、小麦の甘さが具の塩味を優しく包んでいる。パン屋出身の店長だけあって、毎日仕入れて使い切るパンは中身に負けず劣らずの鮮度。
肝心な中身は手作りと銘打つだけあり、どれも丁寧な仕込みが施されている。訪れたときはちょうどカツ用の肉を叩く時間で、タンタンと軽快なリズムを刻んでいた。この根気が要る作業の成果はカツの柔らかくジューシーな食感に現れている。

ルエカショーケースサンドイッチひな壇

上:売切れ次第終了なので、早めの時間が狙い目
下:ひな壇に飾られたフライ系のサンドたち

サンドイッチの中身を考える

一見簡単そうに見えるサンドイッチだが、こういった仕込みが実はなかなかの肝で見えない努力が必要。ボックスサンドを110箱も頼まれたときは、凄まじい作業量だったそう。1つに3尾も入っている海老カツサンドなんぞは殻剥きから始まるので、その手抜きなしの真剣勝負に頭が下がる。
そうやって丁寧に作られるストレートに美味しいサンドイッチは店内でも頂ける。モーニングやランチ利用だとドリンクも付いてお得だし、近所にあったら通いつめてしまいそうだ。
この坂で13年、苦しいこともあったけど素直な美味しいサンドイッチを皆のお腹を満たすために作り続けているカエルが目印のこのお店、まずはその舌で確かめない手はない。

店内

他の人と目が合うことなく純粋に味を堪能できる、サンドイッチ集中型テーブル

 

海老カツサンドメニュー

上:海老カツはこれでもかの迫力!大きすぎてパンが海老を支えきれていない…
下:イートインではホットサンドにしてもらうこともできる

 
手作りサンドイッチのお店ルエカ

てづくりさんどいっちのおみせ るえか
手作りサンドイッチのお店Lueca

たまご220円、海老カツ360円、ヒレカツ380円、モーニング 8:00-11:00 各サンド+170円でドリンク付き

住所
大阪市中央区谷町6-10-23 森岡ビル 1F
 
地図で見るソコマデ
営業時間
8:00〜17:00
※ただし無くなり次第終了なので入用の場合は電話予約がベター
定休日
日曜日・祝日
TEL
06-4304-2873
facebook
クレジットカード不可 テイクアウト 席数1〜10 カウンター無し 禁煙 ベビーカー可

取材・文・写真(一部Lueca提供)/後藤 真悠子



post image

思い出交差点、一杯のコーヒー

喫するのは、場所の持つ記憶に包まれた優しい時間

ゴチソウ
post image

一生愛せるうつわをみつける

若手作家をうけとめた場所

ナニアレ
post image

紙の音を聴きながら。

紙のたのしさをつたえる

ナニアレ
post image

はじまりは、そのひとふで

筆を選ぶは人生を選ぶ

ナニアレ
post image

羽休めは、ナッツ小屋で焼き菓子を

香ばしい止まり木

ゴチソウ
post image

もなかの時間、かさねましょ

今日もほおばる、みんなのおやつ

ゴチソウ
post image

はちきれんばかりのサンドイッチ

口いっぱいにほおばる、手間隙かけた直球型サンドイッチ

ゴチソウ
post image

人から人へつながれる、お茶のうまみとよろこびと

茶葉ひとつひとつの顔がみえるようなお茶

ゴチソウ
post image

思い出の果物屋さん

時と想いがたっぷり詰まった栄養満点のフルーツワールド

ゴチソウ
post image

裏路地にぽっかりと開いた、英国への玄関口

紅茶の香りに導かれ…

ゴチソウ
post image

三休橋筋で大阪の歴史を通り抜け

船場の背骨

ココドコ
post image

ひと粒ひと粒が愛おしい、ボタンという主役たち

スポットライトを照らされて

ナニアレ
post image

ノート、綴じにいこか?

自分色ノートが作れる紙雑貨屋さん

ナニアレ
post image

小さなたい焼き 沢山いかが?

ショーケースに並ぶ“可憐なたい焼き”

ゴチソウ
post image

仏像ブームをご存知ですか?

仏像とお茶ができるカフェ?

ナニアレ
post image

貴方の時間を召し上がれ

書斎にすっぽり包まれて

ゴチソウ
post image

秘密の階段をのぼると…ふわっと広がる隠し小部屋。

知らないとたどり着けない、ひだまりの特等席

ナニアレ
post image

関西の工場(こうば)とクリエイターが紡ぐもの

いまできることをつなげて広げて

ナニアレ
post image

本気の人情ブオンジョールノ!!下町のジェラート屋さん

暑くなったら食べたくなる。なんなら年がら年中食べたくなる。

ゴチソウ
post image

コーヒーをもっと深く知ることができるチャンス

美容院から生まれたコーヒースタンド

ゴチソウ