もなかの時間、かさねましょ

  • 2016.09.07
最中屋一吉店内

今日もほおばる、みんなのおやつ

百貨店の和菓子エリアに行くと、ショーケースの中には大抵キチッとかしこまった彼らが鎮座している。最近はちょっとずつカジュアルダウンされてきて、最中皮をアレンジしたレシピが話題になっていたりもする。けどそれもやはり現時点ではかなり斬新な試みであって、「最中を買いに行く」となるとやはり、しっかりとした四角い箱にきちんと並べられたあれを想像してしまう。贈り物を包む和の心という本質は変わらずも、そんな従来のイメージとは随分異なる“最中屋”が生活と密着したまち、ここ谷町にある。「ちょっとこれ、食べてみて!!」と美味しさのあまり、ついついセリフ付きで人に勧めたくなるような、飾り気のなさが魅力の最中だ。
ここの最中餡は、厳選された素材たちのすっぴんな美味しさがしっかり伝わる甘さ控えめなお味。いろいろ試した結果、1番美味しかったという北海道産の手芒豆(てぼうまめ)が生きている。食べる直前に餡を自分でセットするので、縁起の良い梅を象った国産もち米100%の最中皮は香ばしくてぱりっぱり。また、お酒好きにはもってこいの味噌餡ラムレーズンバターや、季節ものの苺最中や豆乳アイス最中…来るたびにとっておきの味に出会える場所だ。

豆乳アイス最中

のっぽな豆乳アイス最中は、お上品に食べることなぞ考えないほうが似合うかも

 

和菓子のもなか

様々な和菓子作りの現場で経験を積んできた店主は「和菓子には無理がない」という。和菓子の主な材料はもち米・豆・水で洋菓子のように油を使わないので大量の洗剤は不要、ラップは殆ど使わず、繰り返し使える布巾が冷却・保温・保湿となんでもこなす。最初に修行したおじいちゃんが1人で営む和菓子屋では冷蔵庫もなかった。
しかし和菓子作りはエコな反面、人間には重労働。この店では機械に頼らず、昔ながらの手法を守り銅鍋で餡炊きする。高温で重たい餡を一気に練るのだが、熱い餡は天井まで飛び散るくらい危険だし、か弱い女性では務まらないほど筋力が要る。そんな骨太かつ丁寧な作業を重ねているからこそ、豆が生きた餡がこしらえられるのだ。
皮は、今ではかなり貴重な最中皮屋さんがいつも新鮮便を届けてくれる。職人たちが手を繋ぐのも、古くからのもんのええ所。

最中の餡炊き最中の皮

上:毎朝の餡炊きはこのお店の生命線
下:職人さんが作る最中皮はそれだけで宝物のよう

もなかのなかみ

自身の化粧や衣服の香りにも気を使うほど(柔軟剤もNG!)繊細な和菓子。それを、例えば昆布と餡という一見マニアックな組み合わせでとびっきりの味にしてくれるのがこの一吉。また味噌餡が「花びらもちだけでは勿体無いくらい美味しいから」バリエーション豊富なのも特色。色んな素材を小さな最中皮にこんなにも上手く詰め込んでしまうのは、きっと最中職人の好奇心旺盛なキャラクターも手伝ってのことだろう。
その味と店主たちの人柄か、取材当日は常連さんが世間話がてらに立ち寄ったり、ちびっことお母さんが仲良くおやつを買いに来たりと小さな舞台に沢山の人情劇が繰広げられていた。子供からお年寄りまで、手を汚さずぱくっとほおばれる最中。贈るだけじゃなく、自分用のおやつにもしたくなる一吉の最中。「最中はエライ」には、そんな昔からの知恵とワクワクが詰まっている。

定番もなか季節の最中

上:定番の粒餡、味噌餡ごぼう、味噌餡いちじく、ごまくるみ、きなこ粒餡
下:<春は苺最中>こちらはバター餡・ゆずピール・ピスタチオという大人の味版

最中のショーケース

小さなショーケースには色んな想いが詰まっている

 
最中屋一吉

もなかや ひとよし
最中屋 一吉

味噌餡いちじく220円、豆乳アイス最中 320円〜(餡トッピング+30円)、味噌餡ラムレーズンバター 240円、きなこ粒餡 210円、粒餡 200円

住所
大阪府大阪市中央区谷町8-2-6 幸福相互ビル1F
 
地図で見るソコマデ
営業時間
火・水・木・土 11:00〜18:30
金 11:00〜18:00
日・祝日: 11:00〜17:00
 ※売切れ次第終了。ご入用の場合は要電話確認。
定休日
月曜日(日・祝不定休)
TEL
06-6762-2553
WebSite
http://www.hitoyoshi-monaka.jp
クレジットカード不可 テイクアウト 席数1〜10 カウンター無 禁煙

取材・文・写真/後藤 真悠子



post image

一生愛せるうつわをみつける

若手作家をうけとめた場所

ナニアレ
post image

紙の音を聴きながら。

紙のたのしさをつたえる

ナニアレ
post image

はじまりは、そのひとふで

筆を選ぶは人生を選ぶ

ナニアレ
post image

羽休めは、ナッツ小屋で焼き菓子を

香ばしい止まり木

ゴチソウ
post image

もなかの時間、かさねましょ

今日もほおばる、みんなのおやつ

ゴチソウ
post image

はちきれんばかりのサンドイッチ

口いっぱいにほおばる、手間隙かけた直球型サンドイッチ

ゴチソウ
post image

人から人へつながれる、お茶のうまみとよろこびと

茶葉ひとつひとつの顔がみえるようなお茶

ゴチソウ
post image

日々お茶について探求し、たどり着いたのは
“お茶のあるライフスタイル”だった。

ブレンドによる奥行きのある味わいが、つぼ市らしさです。

ダレソレ
post image

思い出の果物屋さん

時と想いがたっぷり詰まった栄養満点のフルーツワールド

ゴチソウ
post image

裏路地にぽっかりと開いた、英国への玄関口

紅茶の香りに導かれ…

ゴチソウ
post image

三休橋筋で大阪の歴史を通り抜け

船場の背骨

ココドコ
post image

ひと粒ひと粒が愛おしい、ボタンという主役たち

スポットライトを照らされて

ナニアレ
post image

ノート、綴じにいこか?

自分色ノートが作れる紙雑貨屋さん

ナニアレ
post image

小さなたい焼き 沢山いかが?

ショーケースに並ぶ“可憐なたい焼き”

ゴチソウ
post image

仏像ブームをご存知ですか?

仏像とお茶ができるカフェ?

ナニアレ
post image

貴方の時間を召し上がれ

書斎にすっぽり包まれて

ゴチソウ
post image

15色の世界

フェルトたちの話し声に耳を傾けたら…

ナニアレ
post image

秘密の階段をのぼると…ふわっと広がる隠し小部屋。

知らないとたどり着けない、ひだまりの特等席

ナニアレ
post image

関西の工場(こうば)とクリエイターが紡ぐもの

いまできることをつなげて広げて

ナニアレ
post image

本気の人情ブオンジョールノ!!下町のジェラート屋さん

暑くなったら食べたくなる。なんなら年がら年中食べたくなる。

ゴチソウ