ジュース屋さんは朝が早い

  • 2018.03.24
コールドプレスジュース

きったり、むいたり、しぼったり

大阪、新町にある「THE JUICE BAR」は、コールドプレスジュースが飲めるジュース屋さん。グレーな色の街にひょこっと出てくるレンガの壁。緑色のシェードが差し色みたいで、どこか外国に来たみたいな錯角を起こしそうになる。どっしりとした木枠のドアをあけるとなんとも言えないフレッシュな香り。その香りに包まれながら、取材を始めると、常連さんがMYボトル片手に次々と、シュッと飲んで、仕事へ向かう。とってもいい風景だ。コールドプレスジュースとは、材料に熱を加えずにしぼったジュースのこと。低速回転の専用ジューサーを使い、強い圧力をかけてしぼり出すことで酵素や栄養は壊れず、繊維質が無くなったさらさらのジュースになり体への吸収が良い。市場から仕入れたフレッシュな野菜やくだものを、特別なジューサーでぎゅぎゅぎゅーーっとプレスする。すると、みずみずしさを残したままのジュースがすこーしずつしぼり出される。この、すこーしずつしかできない作業、なんと!早朝3時から開店の10時までかかっているのだった。

ジュースチケットとメニュー

メルボルンのデザイナーがすべて作ってくれたジュースチケットとMENU!

 

「THE JUICE BAR」

お店の外、中、なぜか感じる異国感。欧米のジューススタンドを思わせるこの雰囲気。その答は、「THE JUICE BAR」のお店のロゴも、ウェブサイトも、メニューまでも、このすべてをデザインしたのがメルボルンのグラフィックデザイナーだからなのかもしれない。台風のある日、偶然が重なり初対面にも関わらず、関空まで送ってあげることになった店主。その後、お店を始めるとき、彼のことを思い出し、すべてのデザインをお願いした。いつかメルボルンでお店を出してくれることと引き換えに、すべて無償で引き受けてくれているそうだ。ちなみに、おたがいの言語は理解していないそう・・・。メールのやりとりだけでここまでの仕上がりになるものなのか。2人のつながりの深さは、時間ではないようだ。

ザジュースバー入り口ジューサーと大盛り人参

上:レンガに緑色がとっても映えている素敵な外観。
下:Norwalkのジューサーと、下ごしらえ中の大盛りニンジン。

「100歳まで 美しく 健康に」

日本にあるジューススタンドといえば、デパ地下や駅にあるジュース屋さん。最近はスロージュース、コールドプレスといったものが海外から入ってきているが、気軽にいつでもどこでも飲めるわけではない。ここで使っているNorwalkというコールドプレスジューサーのメーカーはアメリカ。日本よりはるかにジュースの消費量が多いアメリカには、ジューススタンドは当たり前のようにそこらじゅうにあり、庶民的なもの。そんなジュースの格を下げて、コンビニ感覚で立ち寄れるジュースタンドを日本にも広めたいと願う店主。人工的に作られた栄養ドリンクじゃなく、自然が作る栄養ドリンクをたくさんのひとに飲んでもらいたい。そんなお店のキャッチコピー「100歳まで 美しく 健康に」は非現実的ではない、ありうる現実の数字を掲げた店主の思いがこもっている。

イートイン用テーブル席

フレッシュフルーツの香りに包まれながら、ここで一杯!

 

ロゴ入りのエコボトルミックスジュース

上:ロゴ入りのボトルは地球にやさしい。
下:できたてのミックスジュース!おいしかった!

 
ザジュースバー

ザ ジュース バー
THE JUICE BAR

コールドプレスジュース 230ml 500円、コールドプレス11回チケット 5000円、にんじん100%ジュース 230ml 300円

住所
大阪市西区新町2-11-12
 
地図で見るソコマデ
営業時間
月/火/土 10:00~17:00、水/木/金 10:00~19:00
定休日
日曜日
TEL
090-5121-3316
Website
http://thejuicebar.life/
クレジットカード不可 テイクアウト 席数1~10 禁煙

取材・文・写真/荒川純子



post image

ジュース屋さんは朝が早い

きったり、むいたり、しぼったり

ゴチソウ
post image

スタイリッシュにもちかえろう

いい匂いのするアトリエ

ゴチソウ
post image

まあるいカタチの夫婦のおもい

やさしさと信念は全国に受け継がれる

ゴチソウ
post image

レコード曲げ屋

あふれるモノの中で生み出された、新しいジャンル。

ナニアレ
post image

思い出交差点、一杯のコーヒー

喫するのは、場所の持つ記憶に包まれた優しい時間

ゴチソウ
post image

目標はロンドンのハイドパーク。
グリーンの可能性を発信したい。

ガーデンデザインは造園ではない。空間と時間のデザインだと思う。

ダレソレ
post image

植物のパワーを最大限に生かして
たくさんの人に感動と癒しを届けたい。

私にとって植物はペットのような存在。一喜一憂できるところが愛しい。

ダレソレ
post image

削りたてのふわっふわを毎日たべよう。

名脇役?縁の下の力持ち?

ゴチソウ
post image

羽休めは、ナッツ小屋で焼き菓子を

香ばしい止まり木

ゴチソウ
post image

もなかの時間、かさねましょ

今日もほおばる、みんなのおやつ

ゴチソウ
post image

はちきれんばかりのサンドイッチ

口いっぱいにほおばる、手間隙かけた直球型サンドイッチ

ゴチソウ
post image

人から人へつながれる、お茶のうまみとよろこびと

茶葉ひとつひとつの顔がみえるようなお茶

ゴチソウ
post image

思い出の果物屋さん

時と想いがたっぷり詰まった栄養満点のフルーツワールド

ゴチソウ
post image

裏路地にぽっかりと開いた、英国への玄関口

紅茶の香りに導かれ…

ゴチソウ
post image

日本の素材、そして古来の知恵をベースに作られた
“新しいスキンケア”を開発、そして世界へ。

実は、食べることもスキンケアの一部なんです!

ダレソレ
post image

小さなたい焼き 沢山いかが?

ショーケースに並ぶ“可憐なたい焼き”

ゴチソウ
post image

秘密の階段をのぼると…ふわっと広がる隠し小部屋。

知らないとたどり着けない、ひだまりの特等席

ナニアレ
post image

本気の人情ブオンジョールノ!!下町のジェラート屋さん

暑くなったら食べたくなる。なんなら年がら年中食べたくなる。

ゴチソウ
post image

コーヒーをもっと深く知ることができるチャンス

美容院から生まれたコーヒースタンド

ゴチソウ
post image

日本一うまい焼きそばのある喫茶店

営業中のリーマンの胃袋に、江之子島のクリエイティブな感性に訴える喫茶店がある。

ゴチソウ