作りたいもので、町を元気に。
これが、ポスター展の醍醐味。

  • 2018.08.01
新世界市場

全国に広がる「商店街ポスター展」。
すべての始まりは、新世界だった。

「商店街ポスター展」とは、商店街各店舗のポスターを電通のスタッフが制作し、それをアーケード中に展示するというもの。大阪の「新世界市場」に始まり、ありがたいことに「文の里商店街」、「伊丹西台」、そして「宮城県女川」…と全国各地に広がっています。
プロジェクトの始まりは、新世界市場をアートやパフォーマンスで彩る「セルフ祭」でした。商店街は賑わい大成功に思えましたが、蓋をあければ翌日からはもの寂しい商店街。さらに売り上げに還元されず、若手と商店主の交流もなされてない…。そんな反省点の中、第2回のセルフ祭で自分なりにできることを考え、「お店のPRポスターを作る」ことを思いついたんです。僕自身コピーライターで、ポスターを制作するのは朝飯前! 当時、会社の若手メンバーの教育係もしていたので、彼らの力を借りながら約20店舗のポスターを作り上げました。もちろん商店街からお金なんかもらえるわけないので、コピーもデザインもすべてボランティア。その代わり「自分たちが好きなものを制作する」「気に入らなくても展示してもらう」「プレゼン&修正はなし」という3つのルールを定めました。

日下慶太作ポスター

こちらはコピーも落書きも日下慶太作

奇をてらえるクリエイションは
クリエイターにとっても産物に。

結果、ポスター展は大成功。「もったいなくて貼れへん」「家宝にするわ」という嬉しいお声をたくさんいただきました。さらに、受け身だった商店主さんが「あんなんしたい」と発言するようになったり、祭り後も「ポスター残しといて」って空き店舗で展示イベントをさせてくれたり…。これは、最高にうれしかったですね(笑)。商店主さんとの距離も一気に縮まりました。もちろんお客様からも好評で、わざわざ立ち止まってポスターを見てくれたり、たくさんの取材も入りました。
その後、ポスター展は「文の里商店街」、「伊丹西台」、被災地の「女川」と広がっていきました。「女川」では、地元・仙台の方が作ったからか表現の重みが違いましたし、大分では右側にポスター、左側に情報を掲載したガイドブック形式、福井では高校生と二人三脚でポスターを作り、新しい可能性を見出しました。
僕たちの仕事はクライアントありきで、自由にクリエイティブを発揮できる仕事は滅多にありませんから。ポスター展は、クリエイターにとっても個性を出せる非常にいい機会になりました。しかも地域を元気にできるなんて、この上ない財産やと思います。

和菓子屋店主インタビューの様子

きっかけとなった新世界市場の商店主たちとの会話は日常に

趣味はUFOを呼ぶバンドと写真。
宇宙でポスター展ができたら最高!

プライベートでは、UFOを呼ぶバンド「エンバーン」のリーダーや、写真家としてツッコみたく風景をくすっとくるコピーと組み合わせた「隙ある風景」を連載しています。エンバーンはね、話すと止まらなくなるんですが(笑)。ボーカルと楽器で形成されていて、演奏を通じてUFOに「ここにいる」っていうサインをおくるんですよ。すると、友好的な宇宙人たちが反応してくれるんです。つい先日も、大野山のキャンプ場で30分くらい演奏していたら、謎の飛行物体が近づいてきました。UFOってね、信じない人には見えないんです。だから、まずは信じることが大事。彼らにはすべてお見通しみたいですね(笑)。
写真も趣味のひとつで、道で寝てる人とか、電話ボックスで携帯で話す人とか、日本語版の「るるぶ九州」を読む黒人とか。こういう思わず見てしまう光景を、7、8年くらい撮りためています。これは、制限のある広告とはまた違ったクリエイターとしての活動。最初は「二兎追うものは一兎も得ず」って言葉もあるように、統一感のないことをやるのはあかんと思ったんですが、表現の幅は広がったし、ゆくゆくは繋がるんやなって。長い目で見たとき「よかった」って思えるようになりました。

大阪検定 ポスター展全集イマジネーションピカスペース

上:ポスター展は大阪検定まで広がった 下:市場内のピカスペースは彼にとって憩いの場

エンバーンのメンバー道で寝ている人

上:金色の宇宙人の格好で指揮者をしている 下:決定的瞬間を撮りためている「隙ある風景」

 
日下 慶太氏

くさか けいた
日下 慶太

  • 株式会社電通マーケティング・クリエーティブセンター コピーライター。写真家、セルフ祭実行委員、UFOを呼ぶバンド「エンバーン」のリーダーとしても活動している。『商店街ポスター展』の仕掛人。
2012年11月
新世界市場ポスター展
2013年08月
文の里商店街ポスター展
2014年11月
伊丹西台ポスター展
2015年02月
女川ポスター展
2016年02月
UFOを呼ぶバンド「エンバーン」結成
2016年09月
福井県大野市・大野ポスター展
2018年06月
初の自著『迷子のコピーライター』出版
WebSite
http://keitata.blogspot.jp/

取材・文/櫻井 千佳、写真/山下 拓也(一部本人提供)



post image

作りたいもので、町を元気に。
これが、ポスター展の醍醐味。

全国に広がる「商店街ポスター展」。すべての始まりは、新世界だった。

ダレソレ
post image

大阪生まれ、大阪育ちのナニワ人情で
新世界に来る人たちを魅了したい!

ディープな大阪を案内したいこれが、俥夫としてのミッション

ダレソレ
post image

目標はロンドンのハイドパーク。
グリーンの可能性を発信したい。

ガーデンデザインは造園ではない。空間と時間のデザインだと思う。

ダレソレ
post image

植物のパワーを最大限に生かして
たくさんの人に感動と癒しを届けたい。

私にとって植物はペットのような存在。一喜一憂できるところが愛しい。

ダレソレ
post image

通天閣の魅力は高さじゃなく、面白さ。
エンターテイメント性で天を突けたら…。

生活の中にあった通天閣。思い出は日立のモートル!

ダレソレ
post image

紙の音を聴きながら。

紙のたのしさをつたえる

ナニアレ
post image

はじまりは、そのひとふで

筆を選ぶは人生を選ぶ

ナニアレ
post image

15色の世界

フェルトたちの話し声に耳を傾けたら…

ナニアレ
post image

シンプルだけど、奥深くて、難しい。
それが、ライブパフォーマンス。

アートをもっと身近に。そんな思いでライブパフォーマンスをスタート。

ダレソレ
post image

関西の工場(こうば)とクリエイターが紡ぐもの

いまできることをつなげて広げて

ナニアレ
post image

印刷するのは“可能性” ― 無限空間でうまれるもの

あるべき姿をとっぱらってみちゃった印刷屋さん

ナニアレ
post image

新しいことをしたい。人をビックリさせたい。
それが、私の仕事・アーティスト活動のすべて。

斬新な切り口であれば単純なこともおもしろい!

ダレソレ
post image

本当はけっこうええもん、あるねんで。

日本のグッドデザインは、ミッドセンチュリーにあり。

ナニアレ
post image

思いつきで始めたウエディグフォトの旅。
人の心を感動させている事実に驚き!

たまたま観たテレビ番組が二人の人生の分かれ道に。

ダレソレ
post image

わたしのマチオモイ帖

クリエイター×マチ

ナニアレ
post image

大阪から世界へ。
アクティビティで日本の魅力を伝えるプロジェクトが話題。

大阪を元気にするには、チャンバラ! この思いつきがイベントの始まり。

ダレソレ
post image

現代美術「セメントアート」

カラフルな壁

ナニアレ
post image

「場」のデザインを通して地域交流を生み出す

西区はクリエイティブな地域。その特性を生かして「場」の実験をスタート

ダレソレ
post image

未来のマルシェ

DESIGN MARCHE

ナニアレ