ちょんまげ姿で日本を行脚。
笑顔を届けることがミッション!

  • 2015.06.11
天下笑一

日本各地に笑顔を与えながら
目指すは実家のある長崎県。

暗いニュースが続く日本に笑顔を届けたい…。私は、殿様のようなちょんまげを結い、着物に身を包んだ格好で、日本列島を歩いて縦断しています。昨年の6月15日に「天下統一」をもじった「天下笑一」を掲げて、北海道・宗谷岬をスタート。「あなたの笑顔は美しい」と手書きしたのぼりを手に、着替えやテントを積んだ特製ベビーカーを押して、日本各地を巡っています。5月24日に到着した大阪は、28都道府県目。それまでは、東北大震災の被災地を訪れて復興支援を行ったり、富士山を登頂したりと、日本のいまの姿に触れながら価値ある経験を積み重ねました。このあと、神戸、山陰、山陽、四国、九州の順で巡り、母の誕生日である9月12日に長崎県の実家にゴールする予定です。

天下笑一

 

故人のゆかりの地を訪ねて
アメリカを横断したのが始まり。

そんな私の本職は、N.Y.を拠点に活動するパフォーマーです。一時期はサラリーマンをしていたものの、人を楽しませるという夢が忘れきれず、エンターテイメントの本場・アメリカへと旅立ちました。日本一周を決意したのは、アメリカでわが子のように世話してくれた“アメリカの母”が他界したのがきっかけです。彼女とのつながりを感じたいと考えた私は、彼女の生まれ育ったN.Y.から彼女のお墓があるカリフォルニアまでを横断。人生で大切なものを見返す機会になったと同時に、「日本一周して、日本中のみんなを笑顔にしたい」という思いが芽生えました。ちょんまげは旅の途中、所属する男声合唱団が大リーグの試合で米国国歌を歌ったときに、パフォーマンスで結ったのが始まり。この姿は、日本のみんなを笑顔にするツールになると考えました。

渡辺好博アメリカの母の遺骨

下:アメリカの母の遺骨

故郷にゴールすることが
ふたりの母への恩返し。

日本に帰ってきてからは、一日40キロ近く歩いています。突然大雨に見舞われたり、テントをはる場所がなかったりと旅にトラブルはつきもので、精神的にも体力的にも辛いと感じることはあります。それでも歩き続けられるのは、「各地のみなさんと交流することで、笑顔を生み出したい」という信念があるからです。いま、私はアメリカの母の遺骨と一緒に歩いています。私が、日本を横断しようと考えたもうひとつの理由が、私の生まれ育った場所に彼女を連れて行くことが、いちばんの恩返しだと考えたからです。歩いて長崎に戻ることは、日本の母とアメリカの母の双方に親孝行ができた証拠。全国制覇したあとは、アメリカに帰国してみんなに報告したいです。

天下笑一
渡辺 好博

ワタナベ ヨシヒロ
渡辺 好博

  • 東京サーカスの団長で、普段は世界を舞台にライブパフォーマンスを繰り広げる。
2005年
N.Y.で永住権を取得
2013年1月
アメリカの母を亡くす
2013年8月
恩人のゆかりの地を巡るべく、アメリカを横断
2014年6月
日本一周するべく、北海道・宗谷岬を出発
2014年10月
日本一周を一時中断
2015年5月
日本一周後半戦をスタート
2014年9月
長崎に到着予定
facebook

取材・文/櫻井 千佳 写真/山下 拓也



post image

通天閣の魅力は高さじゃなく、面白さ。
エンターテイメント性で天を突けたら…。

生活の中にあった通天閣。思い出は日立のモートル!

ダレソレ
post image

はじまりは、そのひとふで

筆を選ぶは人生を選ぶ

ナニアレ
post image

日々お茶について探求し、たどり着いたのは
“お茶のあるライフスタイル”だった。

ブレンドによる奥行きのある味わいが、つぼ市らしさです。

ダレソレ
post image

個人の風呂場から大きなスケールへ。広がる、アートプロジェクト。

自宅の風呂から富士山が眺められる。そんな壮大なスケールをカタチに。

ダレソレ
post image

仏像ブームをご存知ですか?

仏像とお茶ができるカフェ?

ナニアレ
post image

書道=習字ではなく、もっと可能性のあるもの。
字に魂を込めて、作品にする楽しさ・難しさ。

書道の概念をくつがえすべく書家としての活動をスタート。

ダレソレ
post image

ちょんまげ姿で日本を行脚。
笑顔を届けることがミッション!

日本各地に笑顔を与えながら目指すは実家のある長崎県。

ダレソレ
post image

大阪から世界へ。
アクティビティで日本の魅力を伝えるプロジェクトが話題。

大阪を元気にするには、チャンバラ! この思いつきがイベントの始まり。

ダレソレ
post image

「商売繁盛で、笹持ってこい」

えべっさん

ココドコ
post image

親愛なるスコッチへ

スコティッシュデイin京都

ナニアレ