人から人へつながれる、お茶のうまみとよろこびと

  • 2016.08.09
つぼ市製茶本舗店内の庭

茶葉ひとつひとつの顔がみえるようなお茶

ちょっとゆっくりあの人とお話したい。美味しいお菓子をもらった。仕事を終えてほっと一息。…そんな時にペットボトルのお茶よりも美味しいお茶、誰かが淹れてくれたり誰かの為に淹れてあげたり、そんなお茶のほうがもっと嬉しいし、心がじんわりあったかくなる。
そんな、寛ぎをもたらしてくれる美味しいお茶と茶葉を懇ろに使った甘味をいただける茶寮が、喫茶文化発祥の地・堺にある。紀州街道に面する町家の暖簾をひとたびくぐると、なんともいえないお茶の甘くていい香り。堺漆喰の鼠色とも薄紫とも付かない不思議な色の壁、古くからの構造を活かした時を感じる空間、たおやかな客あしらい…その全てが私達をもてなしてくれている。
ここでいま期間限定で味わえるのが「水出し碾茶(てんちゃ)」。お茶屋だからこそ入手できる抹茶の元になる、石臼で挽く前の茶葉を水出しし、堺の偉大な先人・千利休に倣い徳利を茶器に見立てている。そして複数人のお客の場合はお猪口の数を聞いてくれるのだが、これは「どうぞどうぞ」のお酒文化みたく酌み交わしてほしいという粋な計らいなのだ。

水出し碾茶堺漆喰の壁

上:目にも楽しい水出し碾茶 下:日の当たり方により色が変化する堺漆喰の壁にはこの町家の歴史を物語る格子窓が

お茶屋の一本筋

職人さんが汗水流して火入れしたお茶を使った甘味は、その努力に敬意を払い、合わせる餡などもほぼ全て自家製・無添加。お茶を生かすことが大前提なので、商品開発に2年を要すのは当たり前。どうしても添加物が必要な事態になったら、その商品企画自体を諦めるほど。作る人、食べる人、それぞれの顔を思い浮かべながらの開発はシンプルだが容易な道ではない。
そんなこだわりの結晶のひとつがかき氷。このためだけに熟成させた抹茶を最大限に使ったかき氷はそれまでの抹茶かき氷のイメージを覆すような深みのある味。この味こそがつぼ市らしさで、この旨味はどのお茶にも感じることが出来る。粗めかつ口解けの良い氷は刀司(とうじ)さんに特注した刃を使っているから。堺らしさがここにもある。

つぼ市製茶本舗店内建具

内部を剥き出しにした壁やそのままの梁、建具からかつての息吹が垣間見える

 

老舗のバトン

話を聞いていてひしひしと感じたのが、茶葉ひとつひとつを大切にし、わが子を想う様なお茶への愛。そこには誤魔化しなど一切なく、戦火に唯一堕ちなかった「茶」の看板を背負い続ける使命を全うしようという一族の強い意志を感じる。その看板には自分達の歴史だけでなく、お茶を喫す文化と愛すべき堺の町、全てへの想いが染み込んでいる。
「お菓子が要らない」と言われるほど豊かな香りと旨味のつぼ市のお茶は、一度飲むと忘れられない味。それは、どうやって飲んでもらうか考える役、作る役、淹れる役それぞれの役目を担った走者が真っ直ぐひたむきにバトンを繋いで私達の口元に運んでくれた味。160余年越しの味と気持ちを伝えるリレーはまだまだ続く。

利休抹茶金時かき氷

絶妙なバランスで盛られているかき氷は夢中になる美味しさ。【利休抹茶金時】

抹茶と抹茶の餅つぼ市製茶本舗特別室

上:最大限の比率で抹茶を練りこんだ餡が自慢の利休餅と抹茶のセット
下:二階の特別室にはつぼ市の精神が詰まっている看板がひっそりと見守っている

 
つぼ市製茶本舗

さりょう つぼいちせいちゃほんぽ さかいてん
茶寮 つぼ市製茶本舗 堺店

煎茶(冷)〜特選 利休の詩〜 500円、水出し碾茶 860円、利休抹茶金時 796円、堺利休餅(抹茶セット)800円

住所
大阪府堺市堺区九間町東1丁1-2
 
地図で見るソコマデ
営業時間
11:00〜18:00(L.O. 17:30 物販は10:30から)
定休日
火曜、年末年始
※火曜が祝祭日の場合は通常通り営業
TEL
072-227-7809
WebSite
http://www.tsuboichi.co.jp/saryo/
facebook twitter instagram
クレジットカード可 席数20〜30 カウンター無 禁煙 “ベビーカー可" 駐車場

取材・文・写真/後藤 真悠子



post image

羽休めは、ナッツ小屋で焼き菓子を

香ばしい止まり木

ゴチソウ
post image

もなかの時間、かさねましょ

今日もほおばる、みんなのおやつ

ゴチソウ
post image

はちきれんばかりのサンドイッチ

口いっぱいにほおばる、手間隙かけた直球型サンドイッチ

ゴチソウ
post image

人から人へつながれる、お茶のうまみとよろこびと

茶葉ひとつひとつの顔がみえるようなお茶

ゴチソウ
post image

日々お茶について探求し、たどり着いたのは
“お茶のあるライフスタイル”だった。

ブレンドによる奥行きのある味わいが、つぼ市らしさです。

ダレソレ
post image

思い出の果物屋さん

時と想いがたっぷり詰まった栄養満点のフルーツワールド

ゴチソウ
post image

裏路地にぽっかりと開いた、英国への玄関口

紅茶の香りに導かれ…

ゴチソウ
post image

小さなたい焼き 沢山いかが?

ショーケースに並ぶ“可憐なたい焼き”

ゴチソウ
post image

貴方の時間を召し上がれ

書斎にすっぽり包まれて

ゴチソウ
post image

本気の人情ブオンジョールノ!!下町のジェラート屋さん

暑くなったら食べたくなる。なんなら年がら年中食べたくなる。

ゴチソウ
post image

ありがとうって、照れくさいけどね

この気持ち、伝えようかな

ナニアレ