貴方の時間を召し上がれ

  • 2016.02.26
書斎かふぇじょうじあん店内

書斎にすっぽり包まれて

こんな場所が大阪市内にあったのかと驚く。車がせわしなく行きかう谷町筋に、差し込む光が気持ちいい木板のカウンター席。
その奥に表とは全くちがう質感の、光を落とした黒と深紅のモダンな書斎があることを通行人は知らない。背表紙で物語る本たちや、いかにも層の厚い音を出しそうなオーディオ類、持ち主の趣味が垣間見える雑貨たち…個人の内面を映し出したかのような空間は何故か妙に落ち着く。
ここは会社や家庭での役割を解き放ち自分自身に戻れる“サードプレイス”。庵主(ここではマスターのことをそう呼ぶ)が長年自宅にコレクションしていた本や雑貨を運んできて作った空間は、他人の家に招かれ思いのほか寛いでしまった時の感覚を思い起こす。しかもただの家ではなく、多趣味家の書斎ときたら、子供のような好奇心も呼び覚まされる。人の顔をじろじろと見るようで初めは気が引けたが、ついつい本棚を物色してしまい、手に取った本にいつの間にか夢中になってた。他人の趣味の覗き見は大人になればなるほど面白いのかもしれない。

ガレット「コンプレット」

ガレットはカウンター席だと調理風景を見学できる

 

時間と共に味わうもの

14時からは、これまた長年の趣味から生まれた特製レシピのガレットがいただける。味は3種類あるが、なかでも「完成」という意味のコンプレットがおススメ。パリパリの生地に包まれた卵・ハム・チーズの上にはピンクペッパーが利いていてお酒が欲しくなる味。思わずシードルに手が出そうになった。
コーヒーは豆の旨みがぎゅっと詰まったプレス式。抽出に少し時間がかかるので、せっかちな大阪人は待ってくれないのではと開店当時は懸念されたが、この空間なら急ぐ人なんているはずがない。
ほかにも、ミユクほうじ茶(ほうじ茶ラテ)や大人のピアノ教室(詳しくは次の段落で)の先生お手製オレンジケーキなど、気の利いた寛ぎタイムのお供がある。

オーディオ類おしながき

上:マニアでなくても、覗き込みたくなるオーディオたち
下:洒落の利いたおしながき

仕上げに音をひとふり

さらに特筆すべきは、音。店名でもあるスピーカー「ジョージアン600」から流れる音は鼓膜を心地良く刺激し、多種多様なジャンルの音をテーマごとに選曲したイベントを不定期で開いたり(レコードやカセットテープなど音源も様々でピアノ生演奏もある)、庵主特選のレコードを普段より大きな音で楽しむ「みゅーじっく・たいむ」が第1・3土曜日に開かれている。
奥のスペースは大人のためのピアノ教室となっていて、生徒さんの練習中には書斎にもライブよりもライブ感のある音がほんの少しだけ漏れるのだが、完成された音とはまた別の楽しみがあると皆さん口を揃えるそうだ。
月並みな言葉にはなるが「大人の空間」という言葉がぴったりな書斎かふぇ。そこには、自分のペースで歩んできた大人たちの、ちょいと休憩をばに応えてくれる時間がある。

ミニコミックや古のレリーフ自家製オレンジケーキ

上:ミニコミックから古のレリーフまで幅広く取り揃えた趣味のものたち
下:自家製ケーキもお試しあれ

イベント「音楽で綴る武士道・騎士道物語」の様子武士にちなんだおつまみとドリンク

11月に開かれた「音楽で綴る武士道・騎士道物語」で真剣に音を楽しむ来場者達
武士にちなんだおつまみとドリンクつきだった

 
書斎かふぇ じょうじあん

しょさいかふぇ じょうじあん
書斎かふぇ じょうじあん

珈琲 400 円、ミユクほうじ茶 400 円、ハードシードル 600 円、自家製 ケーキ(ドリンク付)700 円、ガレット 700 円~、ランチカレー 500 円

住所
大阪市中央区谷町六丁目2-26
 
地図で見るソコマデ
営業時間
火~金/ランチ11:30-14:00
カフェ14:00-22:00 L.O.21:30
土日祝/カフェ11:30-17:00 L.O. 16:30(ランチなし)
第1・3 土曜/17:00-19:00 みゅーじっく・たいむ
定休日
月曜日
TEL
06-6767-2670
WebSite
http://kenban.com/georgian/index.html
Blog
http://cafegeorgi.exblog.jp/
facebook
クレジットカード不可 席数10〜20 カウンター有 分煙

※17:00 までは完全禁煙、以降はカウンターで喫煙可

取材・文・写真/後藤 真悠子



post image

思い出交差点、一杯のコーヒー

喫するのは、場所の持つ記憶に包まれた優しい時間

ゴチソウ
post image

一生愛せるうつわをみつける

若手作家をうけとめた場所

ナニアレ
post image

紙の音を聴きながら。

紙のたのしさをつたえる

ナニアレ
post image

はじまりは、そのひとふで

筆を選ぶは人生を選ぶ

ナニアレ
post image

羽休めは、ナッツ小屋で焼き菓子を

香ばしい止まり木

ゴチソウ
post image

もなかの時間、かさねましょ

今日もほおばる、みんなのおやつ

ゴチソウ
post image

はちきれんばかりのサンドイッチ

口いっぱいにほおばる、手間隙かけた直球型サンドイッチ

ゴチソウ
post image

人から人へつながれる、お茶のうまみとよろこびと

茶葉ひとつひとつの顔がみえるようなお茶

ゴチソウ
post image

日々お茶について探求し、たどり着いたのは
“お茶のあるライフスタイル”だった。

ブレンドによる奥行きのある味わいが、つぼ市らしさです。

ダレソレ
post image

思い出の果物屋さん

時と想いがたっぷり詰まった栄養満点のフルーツワールド

ゴチソウ
post image

裏路地にぽっかりと開いた、英国への玄関口

紅茶の香りに導かれ…

ゴチソウ
post image

三休橋筋で大阪の歴史を通り抜け

船場の背骨

ココドコ
post image

ひと粒ひと粒が愛おしい、ボタンという主役たち

スポットライトを照らされて

ナニアレ
post image

ノート、綴じにいこか?

自分色ノートが作れる紙雑貨屋さん

ナニアレ
post image

小さなたい焼き 沢山いかが?

ショーケースに並ぶ“可憐なたい焼き”

ゴチソウ
post image

仏像ブームをご存知ですか?

仏像とお茶ができるカフェ?

ナニアレ
post image

貴方の時間を召し上がれ

書斎にすっぽり包まれて

ゴチソウ
post image

秘密の階段をのぼると…ふわっと広がる隠し小部屋。

知らないとたどり着けない、ひだまりの特等席

ナニアレ
post image

関西の工場(こうば)とクリエイターが紡ぐもの

いまできることをつなげて広げて

ナニアレ
post image

本気の人情ブオンジョールノ!!下町のジェラート屋さん

暑くなったら食べたくなる。なんなら年がら年中食べたくなる。

ゴチソウ