羽休めは、ナッツ小屋で焼き菓子を

  • 2016.09.21
持ち帰り用ナッツ類

香ばしい止まり木

玩具や駄菓子の問屋がずらっと連なる松屋町。大阪人からは「まっちゃまち」と呼ばれるこの町は、江戸時代から菓子問屋街として栄え、いまでもどこか懐かしい温度が伝わってくるまちだ。そこに、この町で生まれ育ち幼い頃からナッツに親しんできた女性が店を構えた。「杏」というナッツと焼き菓子の店だ。
いわばこの町のバックヤードのそのまた奥、表通りから路地に入り込んだガレージの奥にポっと植物たちと共に生えてきたかのように佇む、木の小屋。ナッツの加工工場として稼動していた当時の残り香がかすかに漂う店内は、むき出しの配管や木の質感でともすれば男らしくなりがちだが、オーブンから漏れてくる甘い匂いと店主の柔らかさがプラスされ、なんだか気が緩んでしまうようなゆったりとした空気感。誰にも教えずにこっそり時間つぶしに訪れたくなる場所だ。
ほら、また匂いにつられて扉が開いた…

焼き菓子セット

味も食感もいろいろ楽しめる焼き菓子セット

 

「アーモンド菓子」

地味だけどナイスな風味付けをする名脇役のアーモンド。杏では彼らを主役に大抜擢し「アーモンド菓子」と銘打ちふんだんに使用している。
カフェスペースでは、5つの焼き菓子がちょこんとお皿に乗ったこのお店ならではの「焼き菓子セット」が頂ける。さらにドリンクを頼むともれなく2つも焼き菓子が付いてくるのでなんと合計7つの焼き菓子が一同に揃うことになる。これを全部独り占めに出来る幸せったら…何と言うことでしょう!
また、季節のフルーツのパフェには自家製グラノーラとアーモンドキャラメリゼが主役級に光り、食感のアクセントが嬉し香ばしで五感に楽しい。

杏店内焼き菓子

上:タテモノ好きに朗報!内装の見学だけも大歓迎とのこと
下:お行儀良く並んだ焼き菓子たちは、プレゼント用にも、自分用にも

ちょっとずつ、ちょっとずつ

ナッツたっぷりというとずっしり胃にきそうだが、彼女のお菓子はしっかり食べ応えがあるにも関わらず、いつまでも美味しく頂ける。それは、ひとつひとつ、丁寧に積み上げられた味だからかもしれない。
少しでも条件が変わればすぐに機嫌を損ねてしまうのが焼き菓子の面白いところだと語る彼女は、今日もいそいそと彼らのお世話をしながら笑顔で出迎えてくれる。
シンプルな製法だからこそ、作り手の人間性がにじみ出る焼き菓子。
ほら、路地裏のガレージの奥、ちょっと覗いてみてごらん。

ブルーベリーレアチーズパフェ

味覚と食感でお口の中が賑やかになるブルーベリーレアチーズパフェは期間限定

手書きナッツの窓カフェスペース

上:美術家 中島麦氏の手書きのナッツたちの窓
下:小上がりのカフェスペースは自分の巣のように落ち着く

 
杏

あんず

アーモンドクッキー 150円、フィナンシェ 170円、焼き菓子セット350円、パフェ 600円(内容・価格は季節により変更)

住所
大阪市中央区瓦屋町1-4-15
 
地図で見るソコマデ
営業時間
12:00〜18:00(L.O. 17:30)
定休日
火曜日・水曜日
TEL
06-6710-4598
WebSite
http://www.anzu.co
facebook
クレジットカード不可 テイクアウト 席数1〜10 カウンター無 禁煙 “ベビーカー可" “ペット同伴可"

※テラス席の場
合ペット同伴可

取材・文・写真/後藤 真悠子



post image

思い出交差点、一杯のコーヒー

喫するのは、場所の持つ記憶に包まれた優しい時間

ゴチソウ
post image

一生愛せるうつわをみつける

若手作家をうけとめた場所

ナニアレ
post image

紙の音を聴きながら。

紙のたのしさをつたえる

ナニアレ
post image

はじまりは、そのひとふで

筆を選ぶは人生を選ぶ

ナニアレ
post image

羽休めは、ナッツ小屋で焼き菓子を

香ばしい止まり木

ゴチソウ
post image

もなかの時間、かさねましょ

今日もほおばる、みんなのおやつ

ゴチソウ
post image

はちきれんばかりのサンドイッチ

口いっぱいにほおばる、手間隙かけた直球型サンドイッチ

ゴチソウ
post image

人から人へつながれる、お茶のうまみとよろこびと

茶葉ひとつひとつの顔がみえるようなお茶

ゴチソウ
post image

日々お茶について探求し、たどり着いたのは
“お茶のあるライフスタイル”だった。

ブレンドによる奥行きのある味わいが、つぼ市らしさです。

ダレソレ
post image

思い出の果物屋さん

時と想いがたっぷり詰まった栄養満点のフルーツワールド

ゴチソウ
post image

裏路地にぽっかりと開いた、英国への玄関口

紅茶の香りに導かれ…

ゴチソウ
post image

三休橋筋で大阪の歴史を通り抜け

船場の背骨

ココドコ
post image

ひと粒ひと粒が愛おしい、ボタンという主役たち

スポットライトを照らされて

ナニアレ
post image

ノート、綴じにいこか?

自分色ノートが作れる紙雑貨屋さん

ナニアレ
post image

小さなたい焼き 沢山いかが?

ショーケースに並ぶ“可憐なたい焼き”

ゴチソウ
post image

仏像ブームをご存知ですか?

仏像とお茶ができるカフェ?

ナニアレ
post image

貴方の時間を召し上がれ

書斎にすっぽり包まれて

ゴチソウ
post image

秘密の階段をのぼると…ふわっと広がる隠し小部屋。

知らないとたどり着けない、ひだまりの特等席

ナニアレ
post image

関西の工場(こうば)とクリエイターが紡ぐもの

いまできることをつなげて広げて

ナニアレ
post image

本気の人情ブオンジョールノ!!下町のジェラート屋さん

暑くなったら食べたくなる。なんなら年がら年中食べたくなる。

ゴチソウ